ブドウ栽培って。

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
 最近ワイン用ブドウ栽培に、取り組む人たちが増えてきている。
新規就農、退職帰農、援農など形態も様々である。

技術のない人が関わってくることを否定はしない。

むしろ問題なのが師匠である。

「師匠選びも芸の内」という言葉があるが、農業の中でも特に果樹栽培では、
大きな意味を持つ。試す回数が少なすぎるのと技術に差が有り過ぎるからである。

ちょっと学んだだけでも、相手の技術レベルが如何ほどか分かるものだ。

たとえば、私の栽培理論に関することで「突き抜けている。」と感じたとしたら、
間違いなく勉強不足である。

栽培は技術であるが、栽培理論は学問である。

だからすべての名人が良い指導者とは言えない。実践だけでなく説明が出来なければいけない。

ワイン用ブドウ栽培で何か事を起こしたいのなら、正しい技術を習得するしか道はない。
その前に正しい技術を持った人を探さなければならない。

それは簡単なことである。「どうしてですか?」と3回尋ねれば良い。

Team Kisvinは、その中で良識ある選択の一つであるが、あなたと相性が良いとは限らない。

応援クリックよろしく。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM