芽欠き

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 5月3日、天気予報ではかなり強い雨とあったが、小雨だったので
雨除けの欧州種の芽欠きをした。

短梢剪定で、萌芽率が高く房持ちの良い品種が適正な樹勢の場合は
積極的に芽かきをする。

 

最終的な芽欠きは、誘引時に実施する。

 

芽欠きや誘引は、風などのリスクを考慮し樹勢に応じて何度かに分けて実施する。

ほとんど全ての管理作業は、やや遅めの方が望ましい。

早く実施するより、しっかりとした準備が大事だ。

ギャンブルでも少ない資金で一か八かで一回勝負するより、より大きな資金を稼いでから、
傾向と対策を練り何度かに分けて勝負する方が勝利に近い。

ブドウ栽培は大きなギャンブルである。

まじめにコツコツやっていれば成功するというものではないが、
成功する人は、必ず、まじめにコツコツとやっている。

相手をを思いやる謙虚さを持っていれば、今の管理技術で本当にいいのか
自問自答しながらお互いに成長してゆく。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM