正解は・・・。

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 
この症状を発見した時、黒とう病の病斑ではないかと疑いました。
しかし、基葉や新梢には全く出ておりません。雨除け栽培で昨年もその兆候はありません。

次に生理障害が考えられましたが、
同じ葉枚数(2枚から3枚目)を中心に現れている症状で、
私の知識では該当する生理障害はありません。

この時点で薬害による症状であると確信しました。
デ〇ンフロアブルとスプ〇サイドの混用散布による薬害です。

デ〇ンFは薬害が出やすい事と有機リン系殺虫剤の組合せに問題があったようです。
ネオニコチノイド系とパダンSGでは、薬害はありませんでした。

また、散布量が多すぎた事と雨除け栽培のため散布後の気温上昇も原因の一つです。

基本的には、葉はそのままにしておきます。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM