2012年は、転換期

JUGEMテーマ:日記・一般
 特に甲州種は、品質が高く収量も多かった。
こうしたヴィンテージに生産量が増えたのは、歴史上初めてのことだろう。

良い年のブドウは、生食として流通しワイン生産量が減り、
品質の悪い年は、逆にワイン生産量が増えていた。
甲州種が生食としての地位が薄れ、ワイン用の需要が増えた事が、その一因である。

ワイナリー側とすると予想以上に搾る量が増えたので、今後の販売で躓くようなことがあれば
経営体力は落ちてしまう。
2012年産のワインが多くの人に呑まれ、評価されれば更なるステージに立てることだろう。

「良いブドウ」の持つ大いなる力を知ることで、より栽培に力が入ることを期待する。

今年の少雨猛暑下でも、高品質のブドウが生産された事は、今後に大きな影響を与えるだろう。
気象分析をし、どうして良かったのかを検証する必要がある。
登熟などブドウの状態が昨年は、「平年以下」であったことも、影響していると私は思っている。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM