蝉 3

JUGEMテーマ:日記・一般

 「幼虫として土の中でじっとしてる時、蝉はよもや自分が空を飛べるようになるとは思ってないんだろうなって。」
 
土屋先生は、一通り「キングデラ」の説明をした後で、屋敷の前の1本のベリ−Aを指差して、「この樹は、10年以上無肥料で栽培している。樹勢は剪定で調節し収量も欲をかかなければ品質も安定している。肥料をやらず樹冠を拡大させなくても栽培は十分にできるのだ。」と仰ったのです。
これには衝撃を受けすごく驚きました。土屋先生は、ご自身がかかれた本と全く違うことを言っていたのです。そして、その話の内容は私が何年か掛けてようやくたどり着いた結論そのものだったからです。密植強剪定を批判し、疎植大木主義を唱えていた本人の最終的な結論が私の唱える「少肥適性樹勢栽培」だったのですから。
樹冠を拡大する事が目的となるのではなく、樹勢のバランスを重視し、窒素を少なく施せばその土地に合った栽植本数は、あとから決定されるべきです。10ア-ル当たり何本植え付けると決めつけるのではなく、徐々に栽植本数を減らせばよいのです。

剪定に対する考え方も同じように型にはめるところがあります。試行錯誤した結果に基づかずというかそもそも樹勢を強める栽培をしながら、剪定だけをコンパクトに仕上げれば樹勢が強まるのは当然です。T/R比を全く無視した栽培は、強剪定になるので3年目から一挙に樹勢が強まります。「垣根栽培3年限界説」ともいわれる状態にはなるのは、それなりの根拠があります。

剪定の一番の目的がなんなのか理解していれば、あえて形を崩しながら3年かけて樹形を変えることも可能になります。垣根栽培は剪定後が一番美しいのではいけないのです。最初から最後まで美しくなければならないと思います。

「少肥適性樹勢栽培」とは、私の栽培の基本でもありますし、この言葉は今私が考えた造語です。いまなら、バランサーを使って樹勢をコントロールしながら、T/R比を適性化し、窒素は少なく微量要素とPHと土壌微生物を生かす栽培とでも説明するかもしれません。ただ、その頃は土壌に対する勉強が不足していましたし、根から上の考え方はこれで良いとしても単純に無肥料で良いはずはないと思っていました。

ちょうどその頃から土の中の蝉の幼虫時代が始まっていたのだと思います。日本でブドウ栽培する上で剪定から始まるキャノピーマネジメントは、他の果樹よりはるかに技術的に難しいことに変わりがありませんが、基本さえ出来ていれば最終的には土の影響が最も大きいと、当時はまだ思ってもいませんでした。

土の話をすると長くなるのでこの辺でお終いにしておきます。幼虫時代に土に潜っていたのでネタは尽きませんが。

規模拡大するには、技術を見直すということに着目してから、あっという間に15年の月日が流れていました。2007年あのワインが発売されるまでが蝉の幼虫時代だったと思っています。まさか自分がこうしてワイン用ブドウ栽培を指導する立場になるとは夢とも思っていませんでした。幼虫時代はそれなりに楽しく充実していましたし生食用ブドウ栽培でも高く評価していただいていました。でも、生食用は私以外にも道を開く人材もいそうですし、はっきり言って大空を飛べるようになった今が一番楽しいと思います。ただ、もともとセミだけに後どれだけ空を飛べるのかちょっと心配しています。(笑)

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM