覚悟

JUGEMテーマ:日記・一般
 農業を志す上で何が重要かといっても、そんなに特別なことはない。

ブドウ栽培する上でその適正は、と問われれば、「謙虚さと素直な心」しかないと思う。
簡単な事を丁寧に早くやれるかどうかで、その人の年収が決まってしまう世界。

零細で収益性の低い業界の自営業ということを頭で理解していても、
「これほど大変だったとは、思わなかった。」の一言で新規参入者は、去ってゆく。

「覚悟が足りない。」

閉鎖的な農村社会や農家に問題があると彼らは言う。
耕作しない農地を貸さずに荒れ放題にしている農家は、どうするつもりなのかと彼らは言う。
そもそも農業政策、国が間違っているのだと彼らは言う。

覚悟が足りない農業未経験者のよそ者に、農地を貸せるかと農家は言う。
農業生産法人でなくても、専業農家で立派な経営をしている人もいる。

世界中で誰かが割に合わない仕事をしているから、農業が成り立っていると私は思う。

今、農業に携わっている人の質の問題と農業問題を同列で語るから、勘違いされる。
新規参入者は、増えているが、かなりの比率で脱落している人たちがいることも、
質の問題だと思う。
参入のハードルを下げた事の弊害も出始めているが、よりマシな状況になった事に違いはない。

農家は、たとえ縮小し兼業化してもその地域で生きて行く覚悟がある。
条件がいいから耕作しやすいからそこにいるのではない。
農家は、その土地にしがみついて生きてきたからこそ、結果的に安定生産が可能だったのだ。
いつの世も良い年ばかりではない。凶作になったから、「農業やめます。」と言っていたら、もっと農業は衰退していた。

「その地で農業を諦めない覚悟こそが農家の本質である。」

自分が生まれ育った土地に、父や祖父が汗水流していた土地が、そこにあるから守っていきたいのだ。簡単な事では、貸せないし、手放すことなど考えられないはずである。

だから、「ここに骨を埋める覚悟で来ました。」と言っても、挨拶一つも十分にできない人間を信用する訳にはいかないのだ。

「本当の覚悟とは、逃げ出さない事である。」

私自身も、正直言って何度か逃げ出したくなったこともある。それはそれで大変なことではあるが、
本当の覚悟が出来ていれば、そうした状況にならないように努力するものである。

選択肢の中に「逃げる」という答えがないということこそが、覚悟があるということである。

やはり、試練は、その人を試すためにあると思う。

政治家にもその覚悟があるのか一人ひとりが見極めなければならない。




コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM