目的と手段

JUGEMテーマ:日記・一般
剪定は、「目的」ではありません。「手段」です。
本来の目的は、良いブドウを安定的に生産することであり、
その目的のために剪定という「手段」を技術として利用するのです。

そして、ブドウ栽培するのは、人生の「目的」ではなく、
人生を充実させるためのひとつの「手段」です。

農業は、職業でなく生き方であり、日常そのものです。

ワイン・ブドウ業界で自分の価値を上げ、居場所を確保しようとするのなら、
辞めた方が良いでしょう。そういう「欲」を持つ人に一番向いていない世界です。

農業を志す時、君の人生の目的を考えてください。
農業でなくてはならない理由をもう一度考えてください。

どんな人生を望むのか、その目的さえ答えられない人が、
農業を志すなんて、所詮無理なことです。

確かに農業は生きてゆく上では一つの手段ですが、
誰でも幸福になれる訳ではありません。
農業は神様に一番近いところにある職業だからです。

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM