あっという間に10月は過ぎ・・・。

JUGEMテーマ:日記・一般
 収穫の季節
10月7日は、地元の小学校のブドウの収穫祭
 
今まで食べたどんなブドウより
自分たちで育てたブドウが一番美味しかったようです。


マスカット・ベリーAの垣根栽培です。

11日には、キュベ・イケガワの収穫。

新しい試みの成果が現れ果実味と酸のバランスが絶妙です。
二つの台風と極端な乾燥期もあり「難しい年」でしたが
平年の20%減に収量調節したことで納得できる品質になりました。

収穫後、除草、ビニールの除去を終え21日から柿の収穫そして「あんぽ柿の加工」
気温が高めに推移しているので選別した柿を冷蔵庫に保存しました。

11月5日から毎週末「かいてらす」であんぽ柿の直売をします。
是非お立ち寄りください。

今は柿の加工をしながら時間を見つけて施肥をしています。

また、11月5、6日は、ワインツーリズム山梨2011です。
5日夜は、シャトー酒折の20周年、感謝の夕べがあり夜の街に出没します。
6日はシャトー酒折でTeam Kisvinのヴィンヤードツアーもあります。
皆様とお会いできることを楽しみにしています。



デラウエアのジベレリン処理

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 デラウエアもうすぐジベレリン処理になります。

非常ににシンプルな考えで実施時期を決めるのですが、
天候、特に気温、湿度そしてその後の気温の推移に左右されます。

最近は、フルメットなどの使用もあり処理日の選択が広くなっています。
降雨後、強風があり処理条件としては厳しい日が続いています。



乾燥、降雨と連続しシーズンスタートから、難しさを感じています。

応援クリックよろしくね。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

デラウエアが・・・。

JUGEMテーマ:地域/ローカル
4月16日デラウエアが展葉始めになりました。


萌芽の状態は例年通り順調です。

デラウエアに限らず全ての品種の萌芽が良いようです。

結果母枝の状態が素直に反映されています。



今年はとても乾燥してます。雨が恋しいな。

応援クリックよろしくね。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

防除の基本は、

JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:地域/ローカル
3月25日、若手醸造家・栽培家の研究会での講演内容です。一部補足あり。
基本的な事ばかりですが共通認識となるよう熟知してください。

・コンプライアンス ポジティブリスト
農薬を使用するルールを知る。たとえば30日前3回とは、収穫前30日の使用で有効成分は、3回まで使用できるということ。有効成分は、薬品名ではないので注意すること。
殺虫剤スタークルとアルバリンは、同じ有効成分ジノテフラン(ネオニコチノイド系)7日前2回
ジマンダイセンは、マンゼブ(60日前2回)、
リドミルMZは、マンゼブとメタラキシル(60日前2回)の混合剤。
農薬登録、肥料登録されていないものは散布すると違法。
登録が取れていても使用作物、散布回数、収穫時期を守らなければ違法。
自然由来のものでも違法になる。ニーム、木酢液など。
ポジティブリスト制については、近隣の他の作物への飛散(ドリフト)に注意する。
近隣の作物にも登録が取れているか確認すること。特に収穫期近くになると残留農薬が検出される可能性が高まるので配慮すること。その地域が出荷停止になる。
法律は、正しいから守るのではなく、決められたルールに従うことが社会的使命である。

・病気は、予防が一番。発生させないこと。
ベト病が発生した時、「実ベトは心配だが葉ベトは、そんなに心配じゃない。」
というような認識では防除できない。

・雨がなければ病気にならない。ベト病、灰色かび病、晩腐病など。
ウドンコ病とダニやスリップスなど虫害に注意。

・コストを考慮すれば、散布回数を減らすことが効果的。
病気が発生したら、3回多く防除し、品質も落ちる。
免疫、治癒のため体内の栄養分(資化成アミノ酸)が消費される。

・生育ステージの切り替え時(開花、結実、幼果期)は、新しい細胞に転換するので、付着系の薬剤(ボルドー液、マンゼブ剤など)は、防除効果が落ちる。浸透移行性のある薬剤(ベトファイター、レーバスフロアブルなど)を使うこと。

・相手を知ること。病害虫の特性を知る。
発生を予測できれば、予防は簡単。ハウモンヨトウの生態を調べ適切な薬剤を探す。

・薬を知る。有効成分の特性、系統を知る。
同じ系統の薬剤を連続して使用しない。これは、基本中の基本。

・混用の順序は、乳剤が一番先で、次に水和剤、フロアブル

・二種以上混用の場合は、展着剤の必要ない。
混用は、三種まで。(高濃度になる。)なるべく低濃度のものを組み合わせる。

・病気が発生したら、治癒効果のある薬剤を単用で散布。高濃度で、散布量も50%増にする。
浸達性展着剤を加用すること。今年の場合は、ベトファイター2000倍を推奨する。

・新薬は、通常は低濃度で使用すること。
・朝露が多少あっても散布する。

・雨の前に散布する。
化学農薬の場合は、乾けば効果あり。

・ボルドー液は、アビオンEを上手に使う。
散布直後の降雨に注意。

・ボルドー液で防除できない病気がある。ウドンコ病、晩腐病、灰色かび病など。
付着してないところは、無防備。条件が揃えば発病する。
 

応援クリックよろしくね。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

整枝剪定というように

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
 剪定後は、結果枝を誘引する。(つまり棚の針金に剪定した枝を縛り付けることです。)

特に自然型長梢剪定栽培は、整枝剪定と言うように剪定と整枝は、一体化している。

剪定後整枝(誘引)後

光バランスと空間を意識し、樹勢をコントロールしながら樹形を一定に保つ。

整枝が出来ない人は、剪定も出来ません。

剪定を学ぶ前に整枝を学ぶ必要がある。

結果枝を誘引する時は、先端から数えて一芽目と二芽目の間で縛ること。

何故か?

長梢剪定した場合、先端の二芽が一番旺盛に成長し風の抵抗を受けるので、折れやすくなる。
また、先端の二芽から伸びた枝からは良いブドウが収穫できるのと、
樹形を維持するためにも先端が順調に生育しなければ樹冠の拡大が出来なくなるからだ。


応援クリックよろしくね。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

ブドウ栽培って。

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:グルメ
 最近ワイン用ブドウ栽培に、取り組む人たちが増えてきている。
新規就農、退職帰農、援農など形態も様々である。

技術のない人が関わってくることを否定はしない。

むしろ問題なのが師匠である。

「師匠選びも芸の内」という言葉があるが、農業の中でも特に果樹栽培では、
大きな意味を持つ。試す回数が少なすぎるのと技術に差が有り過ぎるからである。

ちょっと学んだだけでも、相手の技術レベルが如何ほどか分かるものだ。

たとえば、私の栽培理論に関することで「突き抜けている。」と感じたとしたら、
間違いなく勉強不足である。

栽培は技術であるが、栽培理論は学問である。

だからすべての名人が良い指導者とは言えない。実践だけでなく説明が出来なければいけない。

ワイン用ブドウ栽培で何か事を起こしたいのなら、正しい技術を習得するしか道はない。
その前に正しい技術を持った人を探さなければならない。

それは簡単なことである。「どうしてですか?」と3回尋ねれば良い。

Team Kisvinは、その中で良識ある選択の一つであるが、あなたと相性が良いとは限らない。

応援クリックよろしく。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

休眠打破

JUGEMテーマ:日記・一般
1月19、20日に萌芽を早めるためのメリット処理をした。
25日までに処理すれば、3日ほど萌芽が早まります。
この僅か3日のために剪定を早める。


今年は、寒さが厳しいので剪定を早めることは良くない。

切り口のオレンジ色は、癒合剤、これを塗布することで凍霜害のリスクを軽減できる。
また、萌芽率も高めることになる。一石二鳥。

19日には、山梨大の講義の後に、飲みに出かけそこでの新しい出会いもあり
楽しい一日だった。感謝。

20日に新しく貸してくれそうなブドウ園の話が舞い込んで、
21日には甲斐市の現地を確認し、合意に達する。
苗木の補助事業のお話や専門誌からの取材の申し込みとか冬は冬で忙しい。
 
応援クリック
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

剪定講習会2011

JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:日記・一般

1月11日、 昨年に引き続き「若手醸造家・農家研究会」の剪定講習会

X字型長梢剪定、垣根栽培、一文字短梢剪定を理論的に説明でき
実践している人はほとんどいない。

それぞれの形を覚えるのではなく「剪定の意味」を理解することが重要である。

2010年度の若手の会の取り組みは、歴史的な事だと思う。
試行錯誤ではなく、確立された理論と実践を中心に学ぶことができたからである。
栽培技術の普及指導という新しい局面に入ったともいえる。




垣根栽培のシャルドネ@酒折



自然形長梢剪定の甲州@i-vines

参加人数は、50名ほどでした。
一度や二度の講習会で技術を習得することはできないかもしれない。
それでも続けることが大切なことだと思う。

30数年前、JA、普及センター、果樹園芸会や地域の先輩方が主催した講習会で
多くの驚きと知らない専門用語に戸惑いながらも興奮していた若き日の自分を思い出す。

今は指導する立場になった私があの頃の諸先輩と同様に新鮮な驚きや感動と大きな可能性を伝えることができただろうか。優しい気持ちで大好きなブドウの話が上手にできただろうか。

ブドウ栽培やワイン造りはすぐに答えが出ることが少なく、地道な作業の積み重ねが時間と共に評価される仕事だと思う。

何十年かしてこの中の誰かが指導者として育ってくれれば、100年後の日本のワインは、きっともっと美味しくなっていると思う。

応援クリックありがとう。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

剪定が一年で・・・・・・。

JUGEMテーマ:グルメ
JUGEMテーマ:日記・一般
JUGEMテーマ:地域/ローカル
 剪定が一年で習得できない理由は、答えが翌年に出ること、さらにそれを修正をした場合は、もう一年余分にかかるため一年では習得できないのである。

剪定、確認、修正、確認を繰り返すことで理想形に近付ける。

通常は完成形、理想形に近付けるため三年先を見ながら剪定をし、主枝の転換など樹形を大きく変えるときは五年ぐらい先を考え剪定する。

剪定が本や図解で習得できないのは、修正することと予測することが学べないからである。
現実には、全てが応用問題である。

だから剪定を習得したという意味は、修正ができるということでもある。



美しい樹形は、理に適っているものである。

一回の修正では、大きな転換はできない。
時間をかけて修正するのだから、一年で習得することはできない。

また、矛盾のない絵が描ける人は基礎が習得できた人であるが、修正できるとは限らない。

急上昇、応援クリックありがとう。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村

昌型長梢剪定の習得ポイント

JUGEMテーマ:地域/ローカル
JUGEMテーマ:日記・一般
昌型長梢剪定は、実はそんなに難しい技術ではない。
ただ、本や図解を見ての習得は無理である。
中途半端な理解だと樹勢をコントロールすることができず樹形を維持できなくなるだろう。

10アール当たりの剪定時間は2.5日ぐらいで、棚の掃除などの方に多くの時間がかかる。

一番の問題はそれほど難しくない技術の習得率が低いことである。

昌型長梢剪定、習得のためのポイントもこれだけである。

ポイント1
主枝、側枝の先端の枝は、芽の数が多く、枝の太さも一番太くなければならない。
先端の枝の葉面積が多くパイプモデル沿って分配されている。

ポイント2
車枝は、置かない。左右の枝の分岐が近すぎると先端の枝が負けやすくなる。
負け枝を作らない。負け始めたら芽数、枝数を増やし修正する。

ポイント3
内側から枝は左右に配置し、空間があり過ぎる時は、平行枝を置く。
先端に芽数が十分あれば平行枝を置くことで先端が弱くなることはあり得ない。
1、2年のうちに解消すればよい。

ポイント4
弱い枝は、強く(短く)切り詰め、強い枝は弱く(長く)切り詰める。

ポイント5
主枝、側枝が弱い場合、切り返し剪定にし、葉面積を減らしT/R比を修正する。

ポイント6
主枝、側枝が強い場合、間引き剪定を中心に葉面積を増やす。

ポイント7
内向枝から置くこと。外向枝は強くなりやすい。
傾斜がある場合は、上に向かう枝が強くなるので下枝から置くこと。

ポイント8
枝の配置と残すべき芽数は、枝の太さで決まる。
したがって、剪定に答えは一つしかあり得ない。

急上昇中、応援クリックよろしく。
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
にほんブログ村


calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM