柿の季節になってしまった。

JUGEMテーマ:日記・一般
このところブログを更新してないのに
何故かアクセス数が200から300以上もある。
ということは、このブログを楽しみにしている人が
多いということなのだろう。

今年のブドウは、とても良い出来だった。
高品質で豊作。
多くの品種を栽培しているので、
その全てが良かったという訳ではない。

桃は、摘果が不十分でもっとしっかり収量調節すべきだった。
品質は、味も大きさもにかなり良い方だった。
猛暑で、過熟になり収穫できなかった桃も一部あり残念だった。

早生品種は、猛暑で過熟、肩が焼けたり、房が萎れたりもした。

生食の欧州種にカイガラムシとウドンコ病も発生した。
これは、明らかな管理ミスである。

ピオーネ系は、品質量とも良かったと思う。 

台風で境川農場の雨除けが二度もビニールが飛び、一部パイプも破損。
一年に二度の被害は、初めての事である。
ブドウに、大きな影響もなかった事が何よりだった。

ワイン用は高品質で収量も多かった。
2012は、間違いなく過去に例がないほどの良い年になると思われる。

傘かけ

JUGEMテーマ:日記・一般
 6月24日、シャトー酒折ワイナリーで傘かけ。
地元のワイン愛好家、池川総合ブドウ園の仲間、
シャトー酒折の関係者など総勢、24名での作業。


シャルドネ約6,500枚 予想収穫量1,400kg
シラー約2,500枚 予想収穫量 800kg
メルロー約2,000枚 80%終了 予想収穫量350Kg

「シャルドネだけでも終わらせたい。」と思っていたが
皆さまの頑張りで予想以上に作業が進んだ。

そもそも何故傘かけが必要なのか?

雨を防ぐ事で、病気、特に晩腐病の発生の軽減。
鳥害、ムクドリなどの食害を軽減。
ベレーゾン前の猛暑による日焼け防止など。

2007年からここの栽培管理を担当し、再造成、レイヤー仕立て用に垣根改造、
古い樹の樹形改造、新植と取り組んできた。

昨年までは、適正な樹勢を維持する事が出来ず、傘かけせずに早期収穫してきた。

今年は初めて適正な樹勢を維持し、品質向上のための摘房も実施し傘かけを行えるようになった。

2012年、エステートは記念すべき年となるだろう。

山梨県でワインを作るということは、
ワインを愛する人たちが栽培のサポートをすることに大きな意味を持つ。
小さな取り組みが100年続けば伝統になり、産地を維持発展させることが可能になる。

今日、参加された皆様だけが特別な思いで、ここのワインを語る事が出来るはず。

新しい取り組みにご理解いただき参加された皆様に心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。

台風4号

JUGEMテーマ:日記・一般
 6月19日の台風4号「で境川農場の雨除けハウスに大きな被害がありました。




6月20日は、33度越える暑さの中、家族で修復作業を行い、

本日13時30分で、何とか修復が終わりました。

一部枝や房が損傷しましたが、摘房前だったので収穫量には影響がないようです。

「天災は、忘れなくてもたまにやってくる。」

甲府、敷島は全く影響なく、局地的な被害だったようです。

基本

JUGEMテーマ:日記・一般
 忙しい。一日があっという間に過ぎて行く。
優先順位に沿って淡々と作業を進める。

こんなとき思うことは、ただ一つである。

基本に忠実に丁寧に作業する。

基本の大切さを改めて感じる。

独自の栽培理論の一番の特色は、基本を守ることである。

1%の独自性と99%基本で成り立っているのだ。

日本の果樹栽培の基礎技術力は、世界一だと思う。

これを生かさない手はない。

そして、この時期の栽培の優先順位の第一は、防除である。

桃の袋かけ

JUGEMテーマ:地域/ローカル
 6月4日、」桃がこんなに大きくなりました。

直径4cmほどです。

袋かけは、時間がかかる作業です。


7時過ぎまで作業し何とか終了しました。

お手伝いいただきありがとうございました。


calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM